AGA治療をしたいけど、費用が気になってなかなか踏み出せない方が多いかと思います。こちらではAGA治療の内容や費用についてご紹介していきます。またAGA治療に用いられる治療薬の種類や効果・副作用などについてもご紹介していきます。これからAGA治療を考えている方は当サイトを参考にして、開始してみてください。

プロペシアでAGA改善に掛る治療費について

治療費

AGAの症状の改善に効果がある治療薬として厚生省の認可を受けているプロペシアですが、現状では病院にて自由診療で処方されることになり治療費がけっこうかかってしまいます。
病院によって価格はまちまちですが、たいていは一錠250~350円あたりで販売されていますので1か月では7500円~10500円、1年間では100000円前後必要となり、長い目でみるとけっこう費用がかさむものとなるのです。
またこれはあくまでプロペシアのみの費用で、他のAGA治療薬や治療の施術を受けるとなるとさらに多額のお金が必要になってきます。
実はプロペシアにはジェネリック医薬品もありこちらでは当然ですが費用が安く済むことになります。

しかしそれでも半額まで価格が下がることはありません。
そしてこれが大きな問題ですがプロペシアをはじめとした内服薬や外用の薬は常に使い続ける必要があり、使用する人がAGAの症状の進行をくい止めておきたい、と考える限りは費用が発生していくことになります。
そういった意味では髪の毛を維持する必要経費と捉えて少しでも価格を低く設定しているクリニックを選ぶかジェネリック医薬品を利用することがおすすめとなります。

また海外で認可されているジェネリック医薬品ではより安価な価格となっていますので、個人輸入やネット通販で購入することでさらにAGAの治療費を抑えることも可能です。
病院で処方される自由診療のプロペシアの価格とネット通販で購入できる海外製のジェネリック医薬品を比較するとかなり差がありますので、1年間以上の長期利用を前提とするAGA治療では後者以外に選択肢などないのでは?とも感じてしまいます。

しかしAGA治療薬は薬である以上副作用のことも考えなくてはなりません。
日本の病院で処方される場合では万が一何かが起きてもしっかりと対応してもらえますが、ネット通販で海外製品を購入する場合そのようなアフターサービスは一切期待できません。
価格だけではなくリスクもしっかり比較して選ぶことが肝心となるのです。

プロペシアの効果と副作用について学ぶ

多くのAGA患者の症状の改善を図ることができるプロペシアですが、この薬は元来前立腺肥大症の治療薬でありました。
ただ臨床試験の中で発毛効果が確認され、やがては男性の抜け毛や薄毛の治療薬として販売されるようになったのです。
プロペシアには有効成分のフィナステリドという成分が含有されています。
そしてこのフィナステリドがある還元酵素の働きを阻害してくれ、それによってAGAの原因であるジヒドロテストステロンの生成を抑えてくれるのです。
そうすると弱っていた毛母細胞の働きが正常に戻り、再びフサフサの状態を目指せることができるのですが、改善度のレベルは体質や発症してからの期間なども大きく影響することは覚えておきましょう。

プロペシアを服用していく中で気を付けていかなければならないのが副作用です。
AGAの治療期間はたいへん長くなりますし、今現在大丈夫でも後に発生する場合もありますので、どのような症状が引き起こされるのかは利用する方全員が覚えておく必要があります。
報告されているものでは精液の減少や男性機能の低下、つまりEDがありますし、また頭痛や腹痛、下痢といったものも若干ながら発生するともされています。

またこれもわずかですが肝機能障害を引き起こす場合もあり、こちらに関しては病院の血液検査でそのリスクの高い低いはある程度把握することができます。
AGAは男性に発症する症状ですので基本的に女性はプロペシアを飲む必要がありません。
ただし気を付けなくてはならないのは必要ないどころか妊娠している女性にとってはたいへん危険な薬品となることで、胎児の男性ホルモンの働きを抑えて重大な欠陥を生じさせてしまう場合があるのです。
妊娠している女性が近くにいる場合には絶対に触れさせないようにしましょう。