AGA治療をしたいけど、費用が気になってなかなか踏み出せない方が多いかと思います。こちらではAGA治療の内容や費用についてご紹介していきます。またAGA治療に用いられる治療薬の種類や効果・副作用などについてもご紹介していきます。これからAGA治療を考えている方は当サイトを参考にして、開始してみてください。

女性の薄毛の原因について考えてみる

薄毛が進行する原因は男女ともにいくつもありますが、全身の血流が悪くなる生活習慣はよくありません。
例えば共通しているのが食生活の乱れ、好きなものばかりを食べたり、外食が多かったり、野菜を全く食べないといった食生活。
またストレスも血管を収縮してしまい、血流が悪くなる原因です。

さらに髪や頭皮が不健康になる習慣もよくありません。
例えばアルコール系の刺激の強いシャンプーでゴシゴシと洗うこと、またシャンプー後に濡れたままにしておくこと。
そしてパーマやカラーを頻繁に行うのもよくありません。
そして夏の暑い時期に帽子や日傘を使わずに直に紫外線を受けるなど、挙げればキリがないことです。

これらの原因は自分でも防ぐことができますが、自分ではどうしようもできない原因もあります。
それは“加齢”、特に女性は30代後半からそれまで活発に分泌されていたエストロゲンなどの女性ホルモンの分泌量が少しずつ減少し、平均50歳の閉経前後になるとその分泌量はほぼゼロになります。
エストロゲンは美髪を作るのにかかせない女性ホルモンで、30代後半から40代になって、もしくは閉経して髪の悩みが出てきたらその原因はまず女性ホルモンが原因といって間違いありません。

加齢は誰にでも訪れるもので「対策しても薄毛は治らない」と思ってしまいますが、40代になっても50代になっても髪に何の悩みがない人もたくさんいます。
実は女性ホルモンの分泌は生活習慣に大きく関係していて、このような人は規則正しい生活を送っている人が多いです。

女性ホルモンは髪だけでなく毎日の健康にも大きく関係しています。
「もう年だから」と諦めずに毎日の食事を少し工夫(毎回必ず野菜を取り入れる、毎食腹八分目で抑えるなど)したり、睡眠をしっかりとったり(理想は一日7時間)、ストレスを溜めないように自分の趣味の時間を作ったり、ちょっと高いシャンプーに変えてみるなど、これまでの生活習慣を少し変えてみませんか?

ハーグ療法を行えば確実に髪の毛は生えてきます

規則正しい生活を送っても、できるだけストレスを溜めない工夫をしても、そして病院で内服薬をもらって飲み続けてきても、それでも新しい髪がなかなか生えてこない人におすすめしたいのが“ハーグ療法”です。
最新の毛髪再生医療の一つで、薄毛治療専門病院や総合病院の薄毛外来などで施術を受けることができます。

そもそも男性は薄毛治療をして一度髪が生えても、抜け毛を増やしてしまう男性ホルモンの影響でまた抜け毛が増えてしまう可能性があります。
しかし女性は男性ホルモンの影響を受けにくく、治療が合えば健康な髪を保つことができる、まさに女性におすすめの治療法です。

具体的には成長因子(髪をつくる細胞の働きを活発にし、頭皮の環境をよくしてくれる成分)やビタミン、アミノ酸など健康な髪を育てるのに欠かせない成分を一つにまとめた薬剤を直接頭皮に注射器やレーザーを使って注入します。

もちろん個人差はありますが治療は1ヶ月に1回程度、6回程施術をして半年で終了します。
これ以上の抜け毛をストップさせ、発毛と育毛まで期待できる方法です。
ある病院では施術を受けた9割の人に効果が出ています。

気になる費用ですが、やはり最新の治療だけあり誰でもすぐにできるというわけではありません。
目安として1クールで100万円程、何年か治療を受ければトータル200万円を超え、薄毛治療は保険が適用されないケースがほとんどなので全てを自費で払わなければなりません。

初期費用だけで考えるとかなり高額になりますが、例えば内服薬の治療は毎月病院で処方してもらうと毎月1万円ほどかかり、何年と処方してもらえばかなりの高額になります。
とにかく早く薄毛の悩みから確実に解放されたい人にハーグ療法はおすすめです。